リジンの筋肉の質をよくする効果

リジンの筋肉の質をよくする効果

リジンの筋肉の質をよくする効果

リジンの筋肉の質をよくする効果リジンは必須アミノ酸の一種で、タンパク質を作り、疲労回復や免疫力アップ、集中力アップなどさまざまな健康効果があります。

 

そのうえ、体の健康に欠かせない筋肉の質を良くしたり、維持するためにも必要になります。

 

筋肉は体のさまざまな部分に存在し、日々の生活の中で毎日使われています。

 

たとえば、荷物を持ち上げたり体を動かす運動機能にも欠かせませんが、それだけでなく、血液を運搬するためにも筋肉は重要です。

 

足の筋肉が維持されていることでポンプ機能が成立し、心臓から送り出された血液を押し戻すことができます。また、筋肉は体を動かすためのエネルギーにも関わっています。

 

このように筋肉は、生命活動にとって重要な働きがあります。

 

もしも筋肉の質が下がると、まずエネルギー生産力が低下して、体力も落ちたり、太りやすくもなります。それを防ぎ、筋肉量を維持していくためには、タンパク質が重要になります。タンパク質がないと、筋肉もうまく成立されません。

 

タンパク質の元をたどると、アミノ酸です。アミノ酸がないとタンパク質は作られません。リジンは必須アミノ酸で、食べ物から摂る必要があります。そのリジンには、血行を良くし、骨格や細胞などにも関わっていて、筋肉を良質にするためにも必要になります。リジンは、動物性食品に多く含まれています。

 

たとえば、豚ロースなら70gでリジンが1,500mgも摂れます。リジンの摂取目安は体重1キロに対し30mgで、仮に50キロなら1,500mgが1日の摂取目安になっています。リジンをしっかり摂ることで、筋肉の質を維持することができます。

▲TOP