リジンは必須アミノ酸?非必須アミノ酸?

リジンは必須アミノ酸?非必須アミノ酸?

リジンは必須アミノ酸?非必須アミノ酸?

リジンは必須アミノ酸?非必須アミノ酸?私たちの体はさまざまな栄養の力により健康を維持できています。

 

中でも、タンパク質は皮膚や筋肉、内臓など体のさまざまな組織に必要不可欠な栄養素です。

 

そのタンパク質を作る元になる栄養素が、「アミノ酸」です。

 

人の体に必要なアミノ酸は合計20種類あり、「必須アミノ酸」と「非必須アミノ酸」に分類されます。

 

  • 必須アミノ酸…体内で作られないアミノ酸
  • 非必須アミノ酸…体内で作られるアミノ酸

 

20種類のうち11種類は非必須アミノ酸に分類されます。たとえば、アルギニンなどが当てはまります。体内で作られるので、外部から摂取しなくてもそうそう不足することはありません。

 

一方で、残り9種類のアミノ酸は必須アミノ酸で、外から摂る必要があります。「リジン」は必須アミノ酸に当てはまります。

 

私たちのタンパク質の元になっているのがアミノ酸ですから、補給するためのアミノ酸もタンパク質に多く含まれています。タンパク質には動物性と植物性というタイプがありますが、私たちも動物ですから、比較すると動物性食品の方がリジンなどアミノ酸を多く含んでいます

 

リジンが摂れる食べ物は、肉や魚、乳製品、大豆製品などです。ベジタリアンで肉が食べられない人でも、大豆製品などで摂ることができます。植物性の中では大豆製品にリジンが多い傾向にあります。

 

リジンは身近な食品に含まれているので、バランスのいい食生活である場合は問題ありません。そうそう不足することもないのですが、食生活が乱れているとリジン不足を起こしてしまうこともあるので気を付けてください。

 

リジンを充足させることにより、口唇ヘルペスの改善や予防、免疫力アップや集中力アップ、疲労回復、肝機能の向上などさまざまな健康効果があらわれます。

 

たとえば、リジンはブドウ糖の代謝を促す働きがあるため、効率よくブドウ糖をエネルギーに変えることで脳が活性化し集中力を増します。カルシウムの吸収を助ける働きもあるので、骨を丈夫にする効果もあり、骨粗しょう症対策にもなります。

 

また、リジンは育毛や抜け毛対策にも良いアミノ酸で、1日の基準摂取目安の1.5〜2倍ほど摂ることで育毛効果が期待できます。

▲TOP